カテゴリ:マタニティライフ( 30 )

 

19w~出産まで。

c0120176_12401024.jpg

マタニティライフ が18wで止まってしまっていて、そのままではなんとなく気持ち悪いのでその後をキロクしておこうと思います。もう忘れちゃってることも多いけど、iPhoneの「妊娠カレンダー」というアプリに大雑把に記録していたのでそれを頼りに・・・。

+++

5月31日に7cmあった子宮頸管長ですが(厳密にいうと、子宮の筋肉+頸管長を合わせて7cm)、その2日後またおりものが気になったので病院に行ったところ半分の3.5cmになってました(←実は、これは後から聞いた事実で、その日は「問題ないよ」で済まされていた・・・)

後日、医師から聞いた話しでは、20wあたりで「子宮の筋肉」部分が無くなるとかで、子宮頸管長だけになるそうです。

妊娠週数が進むにつれ徐々に子宮頸管長の長さは短くなって行くのですが、この時期の子宮頸管長は3.5cm~4cmが正常値。それよりも短い場合は「切迫早産」と診断されます。

37週0日から41週6日が正期産と呼ばれ、赤ちゃんが生まれるのに適した時期ですが、それより前に赤ちゃんが生まれることを早産といいます。

切迫早産と診断された人すべてが早産になるわけではありませんが、早産になる確率が上がってしまうのです。そして私は3.5cmということで、正常値のミニマム値、「切迫早産」と診断される瀬戸際ということになります。

(「おりものが気になる」ということですが、今回の妊娠では初期からずっと水っぽいおりものが多くて、破水なんじゃないかとビクビクさせられました。結局この水っぽいおりものは出産までずっとありました。)

3日後、産院で母親学級があり、またおりものが気になったので「今、産院にいるんだし、ついでに診てもらおう~」と思って診察してもらったら「ちょっと短いね~。安静生活を送ってください」と。その時に3日前には3.5cm、その日は3.4cmになっているという事実を知らされました。

7cmと聞いていた日から僅か5日間での出来事です。

会社に連絡し、医師から安静生活を指示されてしまってもう出社できなくなってしまったことを伝え、予定よりも2か月早くマタニティ休暇に入ることになりました。

+++

それからは1週間ごとの診察となり、長男の時の経験 があるため、恐らく、医師が私に要求した以上の安静生活を私は送りました。

1週間後は現状維持の3.4cm。

更に1週間後は維持の3.4cm。

でも、更に1週間後は2.8cm・・・。

2.8cmとは、長男妊娠時に、事前に医師にOKを貰って行っていたお正月の旅行先で1適だけだったけど出血してしまい、緊急で掛かった病院にて「切迫早産」と診断され、家からは遠い、縁もゆかりもない土地で緊急入院した時の長さです・・・。

そして、今回もその2.8cmになってしまい、その時の医師のとんでもない発言を私は聞き洩らしませんでした。

「この週数だったら、もう中絶できないからな・・・」

私がどれだけの思いで2人目を願っていたか…。

子宮内膜症の手術をはじめ、仕事から帰ってきてから漢方を毎日30分かけて煎じて飲んだり、鍼灸に通ったりザクロのしずく飲んだり布ナプキンに変えてみたり、身体を冷やさないように大好きなコーヒーはガマンしたり、冷たい飲み物は飲まないようにしたり、その他にもどれだけ努力してやっと授かったのか、この医師は知るはずもないけれど、この一言に驚愕しました・・・。

「何を言っているのだろう、この人は・・・」

産院の医師は「2.5cmまではここで診られるので、それまではここで・・・」と言っていましたが、私は2.8cmで入院した経験があるのでこのまま自宅安静でいいのか、しかも、とんでもない発言をしたこの医師にこれからも診てもらうことが怖くてたまりませんでした。この辺りではとても人気でいつも混んでいる産婦人科なんですけどね。そんなのはもうどうでもよくなりました。

自宅から車で1時間ほどにある私の実家のすぐそばには周産期母子医療センターがある大学病院があり、年長さんの長男のことが心配でしたがお腹の中にいる赤ちゃんのために、ダンナさんや実家の母と相談し、実家に帰省して、大学病院に転院することを決めました。

2.8cmになってしまった4日後にまた産院へ行き、実家までの移動の負担を考えると今のうちに転院したい旨を医師に告げ、大学病院へ連絡&紹介状を用意してもらって正式に転院することに。22wのできごとです。

その日のうちに実家の母に迎えに来てもらい、年長さんの長男をダンナさんに託して、私は実家へ帰りました。

+++

翌日、大学病院へ行きました。

前日の1時間ドライブの影響が気になるところでしたが、変わらずの2.8cm。

大学病院での、出産予定日の分娩予約はもうすでに終了していましたが、分娩も大学病院でできるように手配してくれました。

始めの2、3週間は毎週診察があって、その間2.8cmをキープしていたし、お腹も張ってなかったし、長男の時も2.8cmくらいをキープして結局正期産で出産したという事実から「もともと体質で短いのかもね。2週間ごとの診察でOK」ということになりました。

それから出産まで、お腹の張りはないのに、私の子宮頸管長は最短2.0cm、最長3.5cmをいったりきたり。2.4cmの時が一番多かったです(経産婦なので、前回の2.8cmよりも短くなるのは仕方ないこと、と言われました)

長男の時はお腹の張りを止めるためにウテメリン点滴を2ヶ月半、シャワーを浴びる時以外ずっとしていましたが、今回はウテメリン錠剤の内服(毎食後と就寝前の1日4錠)だけで済みました。

ウテメリン内服は35w6dで終了しました。内服を止めてからの「張り返し」が気になるところでしたが、お腹の張りはなし。点滴では張り返しが起きやすいけど、内服ではそんなにないようです。

そして迎えた正期産。

37週を過ぎても、38週を過ぎても、相変わらずお腹の張りはなし。

それまで安静にしていたためか、お腹の子は大き目と。

+++

自分の誕生日の日に行った妊婦健診で、区から貰った妊婦健診で使える助成券もすべて使い果たし、医師には「お腹も重くてしんどいし、今日は自分の誕生日なので今日生まれるといいな~」のような話しをしたら強めに内診をしてくれ、「破水とかあったらすぐ来てね。23時くらいまでに病院に来れたら同じ誕生日になるね~」と言われました。ちなみに、この時の子宮口の開きは2cmくらい。

そして午後は両親と買い物&私のお誕生日ランチということでステーキを食べ、歩き回ってから帰宅。

夕方も何もなし。

スクワットをしてみたけど、夜も何もなし。

23時を過ぎても何もなくて「あーあ、同じ誕生日はムリだった~」と思いながら就寝。

夜中の1時くらいに、違和感がありトイレへ。

ザーッとお水が!

これは破水だと思い、寝ている母を起こし(お水は出続けるのではなく、トイレでのザーッと出た1回だけだった)、病院へ電話をして破水したみたいなのでこれから病院に向かいたい旨を伝えました。

ダンナさんは、私の実家にいつでも来れるように常にスタンバってくれていて、その日も何かあったら長男をお願いできるようにと自分の実家に長男と一緒に泊まっていました。ダンナさんにも破水したっぽいからこれから病院へ向かうと連絡をし、タオルを当てて母の運転で病院へ。

病院に着いて、救急受付をしてから車イスで病棟まで運ばれ、すぐに診察してもらって破水を確認。

陣痛室で30分くらい横になってたら陣痛が始まりました。

母に横に付き添ってもらいながら時折やって来る痛みに1時間くらい耐えてたらダンナさん到着。
長男の時は陣痛→分娩が思ってたよりも早く進んでしまい、立ち合い出産希望だったのに叶わなかったので、今回は早目の到着(笑)

30分後くらいに助産師さんが「分娩室に移動できますか?行けるタイミングで行きましょう」と。

ダンナさんに支えられながら分娩室に歩いて移動し、分娩台に横になってからは、陣痛が弱くなったり、間隔が開いてしまったりで、結局陣痛促進剤の点滴を使うことに。朦朧としている中、署名させられました(^^;

ダンナさんは横で手を握りながら呼吸のタイミングを合わせてくれたり、お水を飲ませてくれたり、汗を拭いてくれたり。

当直の助産師さんたちは、同時に3つのお産があって(しかも陣痛室には陣痛で苦しんでる人も1人)とても忙しそうにしていました。私のお産が進まないので点滴の量を時折増やしに来てくれていたり、「次きたら、イキんでみようか」と声をかけてくれたり。

赤ちゃん、やっぱり大きくて、頭がなかなか・・・(^^;
少し出かかっては陣痛が治まっちゃって、せっかく出かかってたのに助産師さんにお腹に押し入れられる、を3回くらいすることに・・・。これが何とも気持ち悪い感覚で・・・。

結果、陣痛室2時間、分娩台2時間で、3424gの元気な男の子が生まれました!

+++

母はナースステーションの前のラウンジで待機してくれていたのですが、ナースステーションに写し出されている陣痛モニター4つを見ながら過ごしていたそうです。

結局産後2時間くらいそのまま分娩台で休んでいましたが、その時は母も分娩室にきて、生まれたばかりの次男もベビーコットで連れてきてもらってダンナさんと母、私の4人で一緒におしゃべりしたり生まれたばかりの次男と写真を撮ったりしながら過ごしました。

+++

長男の時同様、出産そのものは4時間という割と短めの安産で済みましたが、妊婦期間は大変だった・・・。

長男の時のことが相当トラウマになっていて、不安と恐怖の毎日。

ちょっとした症状に悪いことを考えてしまい、妊婦健診以外に何度病院に行ったことか・・・。
普通は4週間に1度、後期には2週間に1度、臨月は毎週・・・というペースだと思いますが私は常に2週間に1度くらいは見てもらっていたな・・・。後期は毎週。そして、安静生活を指示された時は精神的に参ってしまって食事も取れなくなり、体重が2kgも減ったっけ。

転院したり、実家に長期帰省したり、家族、特にダンナさんと実家の両親には多大なる協力をしてもらい、心の支えになってもらいました。

ダンナさんのご両親にも、長男の保育園お迎えやお迎え後の夕食・お風呂・・・と数ヶ月間毎日ご協力いただきました。長男には、保育園生活最後の夏祭りや運動会に行ってあげられなかったり、淋しい思いをさせてしまいました・・・。

無事元気な次男を出産できたのは家族みんなのサポートのおかげです。

ありがとう。

これからは家族4人、元気に、仲良く、楽しく、支えあいながら毎日を過ごせたらなぁ、と思っています。

「次は女の子だね!」と何人からか言われましたが、安静生活とかちょっとした症状の恐怖とかもうコリゴリなので勘弁してください・・・(^^;

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-11-11 15:41 | マタニティライフ | Comments(0)  

11回目診察(18w)。

子宮頸管長のチェックで病院へ。

何度も書きますが、ムスコの時は22w4dの時に旅行先でお手洗いに行ったらティッシュに1滴の出血があり、病院に行ったら子宮頸管長が、本来40mmあるべきところ28mmになっていて、縁もゆかりもない土地で緊急入院となってしまいました。

22週まであと4週間。。。

一般的には「安定期」と呼ばれる時期ですが、私的には「要注意な期間に差し掛かってきた」と言えます・・・。

子宮頸管長は問題なし(画面では7cmってなってた)。
しっかりと閉じているとのことでした。

やれやれ・・・。

まぁ、1週間前にも6cm超えてたし、無茶な生活はしていない≪つもり≫なので、そこまで心配してなかったけど(^^;

次回は2週間後。

今度は妊婦健診&子宮頸管長チェックです。

引き続き、できるだけ無理のない日々を過ごしたいと思います。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-31 13:27 | マタニティライフ | Comments(0)  

10回目診察(17w)。

またもや、緊急で診察に行って参りました・・・。

というのも、仕事中にお手洗いに行ったらうっすらピンクのおりものがあり、大慌てで病院に電話し、「mokoさんは切迫早産経験者なので、診察に来てください」とのことで、急遽診察に行ってきました。。。

ムスコの時のことが思い出されて、出張中のダンナさんと電話で話しながら、駅で号泣。
お義母さんにも連絡。

職場から自宅までは片道1時間。
その間は、ただただ、べべちゃんの無事と私の子宮頸管の無事を祈ってました。

無事最寄駅に到着し、タクシーで病院へ。

待合室でも気が気でありませんでした・・・。

わりとすぐに呼ばれ診察。

おりものは正常になっていて、子宮から出血した跡もなく、びらんからの微量出血、という診断でした。びらんからの出血は心配ないそうです。

まぁ、腹痛もなかったし、お腹も張ってなかったしな・・・。

とても気になっていた子宮頸管長もover 6cm(画面では6.6cmってなってた)でしっかりと閉じているので問題なし、とのこと。

「赤ちゃんは元気ですか?」と私が尋ねたので経腹超音波検査もしていただきました。
べべちゃんの心音もしっかりとしていて、手をバタバタさせて、元気にしていました。

そして、普段通りの生活で大丈夫とのことでした。

まぁ、「私の普段通りの生活」って、自宅では食事の準備と掃除以外はゴロゴロ(手を伸ばすのは良くないとのことで、洗濯物を干すのはすっかりダンナさんの役割になりました・・・)、歩行もかなりゆっくり、なんですけどね(^^;
安定期に入りましたが、マタニティヨガとかマタニティスイミングなんて、もっての外!
小走りすらしません。

はぁー、何はともあれ、一安心!

診察が終わったら、待合室にお義母さんが来てくださっていました。

ご心配おかけしました・・・。

出張中のダンナさんにも連絡。
帰宅後、会社にも連絡。

次回は来週、経膣超音波検査で子宮頸管長のチェックです。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-24 20:10 | マタニティライフ | Comments(0)  

戌の日のお参りに行ってきました

無事5ヶ月になったので、戌の日にダンナさんとムスコの3人で、ムスコの時同様水天宮 にお参りに行ってきました。

現在水天宮は日本橋浜町に遷座されています。

ムスコの時は数十年に一度の「大戌の日」(戌年、戌月、戌日、ご縁日)、しかも日曜大安だったのでもの凄い混雑でしたが、今回は月曜友引で、小雨パラパラなお天気だったせいか、社殿での祈祷もそんなに並ぶこともなく、すぐに呼ばれました。

戌の日はプレママのみの御昇殿となるので、ダンナさんとムスコは外でお祈り。

祈祷中は「どうぞ、どうぞ、無事に元気に生まれてきますように・・・」とずっと心の中で願っていました。

「御子守帯の小布」とお守りもいただいてきました。

ムスコがおみくじを引いたのですが、「お産」は「支障なし」でした。よかった~。
(私はチキンなのでおみくじしませんでした。笑)

どうぞ、どうぞ、べべちゃんが無事に元気で生まれるよう、お守りください・・・。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-21 11:18 | マタニティライフ | Comments(0)  

助産師さんから直々にトコちゃんベルトの指導。

c0120176_13531953.jpg5ヶ月に入り、一般的には『安定期』を言われる時期になりましたが、私は「切迫早産」におびえております・・・(^^;

ムスコの時に6ヶ月で切迫早産と診断され3ヶ月も入院し、「第1子で切迫早産になった人は第2子以降も同じようになる」とみんなに言われ、今お世話になっている産婦人科の看護師さんからも「絶対に無理はしないように」と釘をさされているので。

もう入院とかコリゴリなので、普段の生活で何とか予防はできないかとネットで探していたら、「トコちゃんベルト が早産防止にいい」というのを見つけました。

ムスコを妊娠しているときにも聞いたことのあった「トコちゃんベルト」。
ネットで買えるけど使い方が難しそうだし、間違った着け方をすると逆効果のような気がして今までスルーしてたのですが、「予防できるならば!」ということで、トコちゃんのサイトに掲載されていた「トコちゃんベルトアドバイザー」の方にコンタクトしてみました。

その数日後、トコちゃんベルトアドバイザーであり、現役の助産師さんである方に我が家にお越しいただき、私の体調に合わせたベルトの選択、サイズ計測・試着・骨盤を整える体操を含めた着用指導をしていただきました。

まずは 骨盤の緩み の計測。

私は差が2cmだったので、「骨盤のゆるみは心配ない」そう。
ムスコの時の切迫早産になった原因が不明なので、助産師さんは、私の骨盤にゆるみがあると思われていたそうですが(^^;

次は腹部の触診。

恥骨結合も、今のところは1cmくらいで、異常に開いた状態ではないらしい。

あと、下っ腹に筋肉がしっかりとあるらしいのですが、お腹の上の方には筋肉がないらしい(汗)
下っ腹の筋肉は、2年前くらいにスポーツジムで「腹筋集中トレーニング」を受けたので、その時の成果かも(笑)下っ腹に筋肉があるのは良いことだそうです。確かに「腹筋は天然のガードル」って聞いたことがある。

他には

・気になるほどではないけど、若干O脚気味
・左肩がちょっと上に上がっていて、右肩が下がっている(斜めかけカバンをいつも右肩にかけてるからかなぁ?)

だそうです。

以上から、私におススメなベルトは「トコちゃんベルトII」ということになりました。

c0120176_1354243.jpg
そして、今回は「トコちゃんベルトII」と「アンダー腹巻」を購入しました。

もうちょっとお腹が大きくなってしんどくなってきたら「トコちゃんベルト用妊婦帯II」も追加でお願いしようかと思っています。

+++

他にも、よかれと思ってしていたことがNGだったり、助産師さんから直々に「目からウロコの指導」をしていただけました!

今後も電話やメールにで無料で相談に乗っていただけるとのことで、とても心強いです。

これで少しでも予防になればいいなー。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-19 14:02 | マタニティライフ | Comments(0)  

9回目診察(16w)。

c0120176_2335665.jpg

今日は9回目の診察でした。
「妊娠中期」になって初めての診察。

土曜日だったので、ダンナさんとムスコの3人で行ってきました。

前回から経腹超音波検査になったので、ダンナさんとムスコも一緒に診察室に入って、一緒にべべちゃんの様子を見ることができるようになりました。

べべちゃんは元気に大きくなっていました。

初めてべべちゃんの心音を聞きました。
力強く、ドクン、ドクン、としていました。

今、私の体の中では2つの心臓が動いているんだなぁ。

あと4D撮影も。ちょうど後ろ姿だったのがちょっと残念だったかな(^^;

そして・・・ムスコの時には7ヶ月で性別がわかりましたが、今回は5ヶ月でわかりました(笑)
たぶん、男の子です♪

ムスコは早い段階で「男の子だと思う!」と言っていたのでビンゴ!でした~。

そして、お約束の経膣超音波検査で子宮頸管のチェック。

子宮頸管も、その上にある筋肉もしっかりと閉じていて、6cmあるそう。
院長先生からも「問題なし」と言われました。

しかし、なんといってもムスコの時に22週で子宮頸管長が短くて入院した、という事実があるので、保険として張り止めの薬「リトドリン 5mg」を朝、昼、就寝前の1日3回14日分処方してもらいました。

ムスコの時はウテメリンの24時間点滴を3ヶ月続けていて特に副作用がなかったのでこちらのお薬も大丈夫なのではないかと思います。

ただ、今のところお腹の張りも出血もないし、子宮頸管長も問題ないので「お腹が張った時に飲めばいいですよ」とのこと。

まだ週数的には4週間毎に健診ですが、念のために2週間後にまた経膣超音波検査してもらうことにしました。

+++

ムスコの時の経験がかなりトラウマになっています・・・。

ムスコの時は、会社がフレックス勤務OKだったので、一番の通勤ラッシュ時間を避けて出社出来てたのですが、今はフレックス制度が廃止になってしまい、朝の通勤が恐ろしくてたまりません。

保育園のお迎えに間に合わないので、夕方の1時間、時間短縮勤務をしているので、帰りの電車は特に問題ないのですが・・・。

会社には「マタニティ休業」という制度があり、妊娠が分かった時から産前休暇まで、休業できます。
今回はその制度を使わせて頂くことにし、6月いっぱいは頑張ってお仕事して、7月からマタニティ休業を取得することにしました。休業中はもちろん無給になってしまうので大変ですが、お腹のべべちゃんを守ってあげられるのは私だけなので。上手くやりくりして節約しなくちゃね。

なので、お仕事もあと6週間。
やらなければいけないこと、しっかりとやり遂げてお休みに入りたいと思います!

+++

写真は、最近つけている妊娠線予防クリーム。

ムスコの時はジェルを塗っていたような記憶があるのですが、最近はジェルはあまりないのかな?オイルかクリームって感じでした。
そして、この前お店に行った時に目についた オーガニックマドンナ にしてみました。
柑橘系のとてもいい香りです。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-18 23:38 | マタニティライフ | Comments(0)  

8回目診察(15w)。

本当は来週診察の予定だったのですが、水っぽいおりものが1回あったのが気になり、病院に電話。

「様子を見てください」と言われ、その日は病院に行くことなく過ごしたのですが、夜ご飯も食べる気にならないほど不安でした。そして翌日、やっぱり不安で不安でたまらなくなり、病院に電話して診察してもらうことに。

結果、私の杞憂でした。

でも、看護師さんは「心配になってしまいますよね、いつ来ていただいてもいいですからね♪」と。

すみません・・・(^^;

+++

ムスコの時の経験が相当トラウマになっている模様・・・。
かなり過敏になり、もともと小心者で心配性な性格なのに、さらにパワーアップしているようです・・・。

まぁ、用心するに越したことはないよね。

はぁ、早くあと25週経たないかなぁ!

+++

べべちゃんは元気にしていました!
お口をチュパチュパさせていました。
おっぱいの練習してたのかな~?!

次回の診察は当初の予定通り、10日後です。

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-05-09 12:41 | マタニティライフ | Comments(0)  

7回目診察(13w)。

c0120176_1157378.jpg

今日は7回目の診察でした。

院長先生からは「それでは4週間後~」と言われましたが、心配性の私は3週間後に(笑)

普段体重は測っていないのですが(汗)、なんと前回よりも+1kg!!
妊娠前からは+400gです・・・。

やばい、前回の診察の時にちょっと減ってたから油断した、私??
気をつけよ・・・。

血圧は相変わらず低めの95-51。

今回からは経腹超音波検査になりました。
あと、その際のDVD録画もスタート!

子宮底長計測もスタート。

べべちゃんは順調に大きくなっています♪

3週間前のCRLは47mmで、今回は77.3mm。
BPDは2回計測して、1回目は24.2mm、2回目は26.9mm。
まぁ、25mm前後ってことなのでしょう。

院長には、ムスコの時に子宮頸管長が短くなって(通常40mmくらいあるべきものが28mmくらいになってしまった)「切迫早産」と診断されて3ヶ月入院したことは伝えてあり、今回は子宮頸管長に特に注意してくれることになっています。

ということで、普通だったら経腹超音波検査だけなのでしょうが、院長から「頸管長も見ておきましょうね」と言われ、経膣超音波検査もしてもらいました。

丁寧に測っていただき、「今のところ子宮頸管も問題なし」とのお言葉。

よかった、よかった!

ムスコの時は「お腹の張り」というものがよく分からなかったのですが(多分、それが切迫早産になってしまった主な理由だと思っている・・・。あと長湯も)、今回はサスガにわかるので、ちょっと違和感があったり、疲れたらすぐに横になるようにしています。

入院しなくて済むように、これからも引き続き気を付けます!!

+++

写真は、先日、実両親が京都に行ったときに買って来てくれた東大寺のお守り。

前、買って来てくれた湯島天満宮のお守り は常に携帯するようにし、こちらを母子手帳に入れることにしました。

+++

院長から「それでは4週間後~」と言われましたが、一緒にいた看護師さんに「不安でしょうから、2週間後でも3週間後でも来てくださっていいですからね」と言われたので、3週間後に予約しました(笑)

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-04-26 15:56 | マタニティライフ | Comments(0)  

6回目診察(10w)。

c0120176_22192662.jpg

予定通り、診察に行ってきました!

5wに1、2日吐き気があったけど、その後は割と落ち着いているし(お味噌汁のニオイとか、ちょっと嫌なものはあるけど)、もちろん胎動もまだないので診察まで、無事に育っているのかが不安でたまらない私。

なので、この2週間は長かったー!
数週的にまだまだ安心できないし。

+++

体重は8wの時から-400g。

Good job、私!!

血圧も107-64。

私はもともと低いのでこんなもんでしょう。

つわりもほとんどないので心配していたべべちゃんですが、私やダンナさんの心配もよそに(笑)、しっかりと成長してくれていました!CRLは47mmで、手足をバタバタさせていました♪

一安心♪

採血の結果も帰ってきました。院長から「問題なし」とのお言葉。

一番気になっていたのは風疹検査の結果。

ムスコの時の検査で「8倍」で、「陰性(抗体がない)」と診断された ので、産後に予防接種をしたのですが、1度したきりで、どのくらい抗体ができてるか知りませんでした。

今回の結果は「16倍」で「低抗体価(抗体が十分にない)」らしい。。。

「妊娠中は大丈夫だと思うけど、ちょっと弱いから、産後にまた予防接種してね」と言われてしまいました。。。

まぁ、ないよりいっか~。

ダンナさんにはこの前予防接種してもらったし、ムスコもちゃんと予防接種しているので、そんなに気にすることはないのかな?とりあえず、家の外では常にマスクです。

+++

分娩予約もしてきました。

写真のファイルとCD2枚はその際にいただいたもの。

エコーの写真を保管できたり、妊娠時全般のことや、妊娠中の気になる症状やその対応方法についてまとめられた資料などが入っていました。

看護師さんからは「まぁ、2人目なので、読んで思い出してね~」と(^^;

ムスコの時に切迫早産で入院したことや、お産も陣痛2時間、分娩1時間、とスーパー安産だったことなどをお話したら「今回も同じようになる可能性大だから気を付けて」と言われてしまいました・・・。

確かに、静岡の病院で一緒に長期入院していたママ友も、2人目の時、1人目の時と同じように入院する事態になってしまったんだよね・・・。

「予定日6週間前よりも、もっと早くお休みに入った方がいいかもしれません」と言われてしまいました・・・。

私が勤務している会社には「マタニティ休業」と言って、妊娠が判明した時から産前休業までの期間、申請をしたら休業できる制度があるんだけど・・・。(一度マタニティ休業を取得したら産前休業まで取りっぱなしで、復帰することはできない)

マタニティ休業も視野に入れつつ、ちょっと考えてみようかな。。。

+++

院長先生からは「次回は4週間後でいいよ」と言われたのですが、心配性の私は3週間後、GW前に予約を取りました(笑)GW、心配せずにゆったりと過ごしたいんですもの(笑)

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-04-09 23:01 | マタニティライフ | Comments(0)  

5回目診察(9w)。

本当は3週間後に妊婦健診というハズだったのですが、おりものがうっすら茶褐色だったので、急遽診察に行ってきました。

予約なしで行ったので病院で3時間待ち(>_<)
とてもしんどかったー。

結論から言うと、べべちゃんは元気に、CRLが26mmと、数週通りに成長してくれていましたが、子宮内に出血した痕がある、と。

念のため、止血剤(アドナ錠 30mg)を5日分処方してもらい、あと消毒もしてもらいました。

子宮内の出血は、妊娠初期ではよくあることらしく、鮮血でなければ、そして量も大したことなければ、普段の生活でも大丈夫らしい。ただ、お腹が痛くなったり、鮮血が出るようになったら診察して、と言われました。

+++

やっぱり「何もトラブルなしにマタニティライフを送る」というのは難しいな~。
私の場合、週5日、9時~16時半まで働いてるしな・・・。
しかも、通勤は激混みの電車(>_<)

家に帰ったら帰ったで、ムスコのドリル見てあげて、夕飯の準備、夕飯、お風呂、寝かしつけ・・・と息つく暇もないし。

ムスコの時は切迫流産&切迫早産の両方を経験したので、本当に気を付けねば。

特に切迫早産!

もう3ヶ月も寝たきり&常に点滴の入院生活なんてしたくないよ~(>_<)

+++

行ったついでに、本当は次回の健診で行う予定だった妊娠初期健診の採血をすることに。
血を6本も採られました。

次回は、当初の予定通り、2週間後!

+++

「兼業主婦」のランキングに登録してみました♪
よろしければクリックをお願いします(^^)/
励みになります♪



[PR]

by eenymeeny | 2013-03-29 21:55 | マタニティライフ | Comments(0)