<   2008年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

アルプス旅行 - Day 4 -

c0120176_5192117.jpg

アルプス旅行4日目。

写真は、早朝の Mürren(ミューレン)

ミューレンからBergbahn Lauterbrunnen-Mürren(ラウターブルンネン・ミューレン山岳鉄道;BLM)とロープウェイでラウターブルンネンまで戻り、

c0120176_5314491.jpg

(アルプスの谷間にあるラウターブルンネンの駅から見える滝は Staubbachfall(シュタウプバッハの滝) といい、落差約300mで、ヨーロッパ第2位の規模だそうです)

そこから Wengernalpbahn(ウェンゲンアルプ鉄道)に乗って、Kleine Scheidegg(クライネ・シャイデック) へ。

c0120176_5252513.jpg

念の為、旅の前に、小児科の先生に「ユングフラウヨッホに行くのですが、ryuの月齢でも大丈夫ですか?」と尋ねたら「一気に登らないで、時々コーヒーブレイクしながら行くといい。でも、子供よりも大人の方が高山病になりやすいから、気をつけて」と言われたので、乗り換える前にクライネ・シャイデックでコーヒーを1杯。

そして、ユングフラウ鉄道 に乗り換え、いよいよ Jungfraujoch Top of Europe(ユングフラウヨッホ;3454m) へ!

c0120176_54821100.jpg

クライネ・シャイデック駅。

c0120176_5512589.jpg

進行方向右側の窓からはアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山!
そして、谷の反対側の崖の上にはミューレンの村が。(「miny moe」のyとmの間らへん)

c0120176_6242184.jpg

ユングフラウ鉄道はユングフラウヨッホに着くまでの間に停車駅が3つあり、1つ目の停車駅、Eigergletscher(アイガーグレッチャー;2320m)の後からはトンネルになります。なんと、アイガーとメンヒの中を通るのです!トンネルの全長は約7.1km。

ということで、残りの2駅はトンネル内にあるわけですが、1つはアイガー北壁の真ん中、Eigerwand(アイガーヴァント;2865m)で、もう1つは山の反対側が見渡せるEismeer(アイスメーア;3160m)。この2つ駅は登りの時だけ5分間停車します。

トンネル1つ目の駅、アイガーヴァント。
停車時間が5分しかないので、みんなちょっと急ぎ足で展望窓へ。でも、すでに標高2865mなので、気をつけて!

c0120176_6223347.jpg

展望窓。窓の外は、あの有名なアイガー北壁です。

c0120176_6531789.jpg

窓から下方を見た図。おぉ、こわ…。

c0120176_6371358.jpg

この駅はアイガー北壁を登るアルピニストの緊急避難所になっていて、救助隊の出発地点にもなっているそうです。

そして次の停車駅、アイスメーア。
ここの展望窓からは Fiescher Glacier(フィッシャー氷河) を見ることができます。

c0120176_650562.jpg

トンネルを走行中は車内に取り付けられたテレビに現在の標高や、ユングフラウ鉄道の歴史、アルピニストのエピソードなどが上映されていました。

そして、ユングフラウヨッホに到着!

c0120176_7405732.jpg

c0120176_7421532.jpg

私の写真なんかじゃ、その凄さを全く伝えられません…。ごめんなさい。

そして、反対側には Aletschgletscher(アレッチ氷河)

c0120176_757345.jpg

この氷河、厚さは900mもあり、1年に180mも動いているのだとか。世界遺産に登録されています。

Plateau(プラトー)展望台で眺めを楽しんでいたら、急にヘリが。

c0120176_803434.jpg

高山病で体調が悪くなった人を標高の低い場所にいち早く移動するための出動だったようです。ユングフラウヨッホの標高は3454m。そこからさらにエレベーターでSphinx Terassen(スフィンクス・テラス)に上がると3573m。滞在中、4、5人ほど体調を悪くして倒れている方を目撃しました。要注意です。幸い、私たち家族はryuを含め、皆大丈夫でした。でも、2日目に年齢制限で行けなかったクライン・マッターホルンとの高度差は310mしかないので、ryu的にはギリギリだったのかもしれません。

ちなみに、私たちがユングフラウヨッホに居たのは午前11時ごろだったのですが、そのときの気温は氷点下5℃。防寒をしっかりとしなければ辛いです。

そして、下山。

ユングフラウ鉄道でアイガーグレッチャーまで下り、そこからクライネ・シャイデックまでハイキング。

c0120176_8164352.jpg

c0120176_826812.jpg

c0120176_8263459.jpg

地球の歩き方によると、このユングフラウ鉄道、工事が始まったのは1895年。そして難工事のため、開通まで16年もかかったのだとか。真冬も工事は行われ、下界と隔離されてしまうその間、現場の人たちの食料は氷河に貯蔵していたそうです。ユングフラウヨッホからの眺めも、なんとも言葉にできないほどの感動を覚えましたが、この鉄道物語もとても興味深く、なんだかロマンを感じます。

+++

いつも応援ありがとうございます!
お手数をおかけしますが「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ♪
励みになりまーす♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-31 07:43 | 旅行 :: スイス | Comments(4)  

アルプス旅行 - Day 3 -

c0120176_6215177.jpg

アルプス旅行3日目。

町の周囲に4000mを超える峰が29個もある Zermatt(ツェルマット) から電車を乗り継ぎ、Interlaken Ost(インターラーケン・オスト)Lauterbrunnen(ラウターブルンネン) 経由で Mürren(ミューレン) へ。

インターラーケン・オストからラウターブルンネンまでは Berner Oberland Bahn(ベルナー・オーバーラント鉄道) にて。電車のセクターAはラウターブルンネン行き、セクターBはグリンデルワルト行きなので要注意!

c0120176_4553373.jpg

ラウターブルンネン駅に着いたら、目の前にあるロープウェイでGrütschalp(グリュッチアルプ)駅まで登り、今度はBergbahn Lauterbrunnen-Mürren(ラウターブルンネン・ミューレン山岳鉄道;BLM)に乗り換えて、ミューレンまで。このBLMの景色もすばらしい!!アイガー、メンヒ、ユングフラウが目の前に聳え立っています。

c0120176_521211.jpg

標高1639mにある村、ミューレン。この村からはアイガー、メンヒ、ユングフラウが西側から一望できます。そして、村は綺麗に花を飾ったシャレーがたくさん!写真奥に写っているのはアイガー。

c0120176_5464081.jpg

c0120176_5512663.jpg

ホテルの部屋からも素晴らしい眺めでした。

c0120176_6115181.jpg

翌日のユングフラウヨッホに向けて、早めの就寝。

+++

いつも応援ありがとうございます!
お手数をおかけしますが「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ♪
励みになりまーす♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-30 06:34 | 旅行 :: スイス | Comments(2)  

アルプス旅行 - Day 2 -

c0120176_632435.jpg

アルプス旅行2日目。

ツェルマットから Gornergrat Bahn(ゴルナーグラート鉄道) の始発に乗って、終点の Gornergrat(ゴルナーグラート) 展望台へ。

c0120176_6283943.jpg

駅がまだ開いてないときに着き、無事7:10発の始発電車に乗車。鉄道の途中駅や終点にはホテル、レストランがあるので、おそらくそこに勤務している人たちも乗車してました。

↓が登山鉄道を支えています。

c0120176_644627.jpg

そして、ゴルナーグラートへ。展望台駅の標高は3089m。

c0120176_646496.jpg

展望台に着いた頃の気温は7月なのに氷点下4℃!私は半袖、長袖2枚、パーカー、そして一番上にはスキーウェアを羽織って行ってましたが、それでも寒かった!駅にはお土産屋さんとコーヒースタンドがあり、そこでコーヒーを飲みつつ、ちょっと寒さしのぎ。これが効いて、また、ちょっとしたら気温も上がってきたのでよかったのですが、本当に、真夏でも寒さ対策は万全に!

展望台からはスイスの最高峰、モンテローザ (最高点はイタリア側にあり、標高4634m)と

c0120176_6534997.jpg

ゴルナー氷河を間近に見ることができます。

c0120176_743335.jpg

こんな巨大な氷の塊が重力で動いて、岩山を削って…と、自然の力はなんと壮大なのでしょう。

「こんなところでのこだまはどうなるのかしら??」と思い、あまり人もいなかったので「ヤッホー!!」と恥ずかしげもなく言ってみたのですが、あまりこだまは聞こえず。。。でも、偶然その場にいた、心優しい、かつ、ユーモアのある日本人観光客が階段の下から「ヤッホー!!」と言い返してくれました(笑)放置されると寒~いところでした(^^; ありがとうございます!!

ゆっくりと眺めを堪能した後、ゴルナーグラート鉄道で1駅、Rotenboden(ローテンボーデン)まで下り、

c0120176_77584.jpg

そこから2駅分ハイキングをしながら下山。こんなところにあるハイキングコースなので、さぞかし大変だろうと思わずにはいられませんが、スタート地点は2815m、ゴール地点は2211m、長さ約5.6kmの初心者コースなので、1歳児連れでも特に問題ありませんでした。って、パパが背負って頑張ってたのですけど…(^^;

c0120176_7164523.jpg

写真にもあるように、道もあるので、かなり歩きやすくなっています。標識も随時あるので、迷うことも無いと思います。

途中、Riffelalp(リッフェルアルプ)にあるレストランでランチを取って、またゴルナーグラート鉄道に乗ってツェルマットまで。

そして、ツェルマット市内を散歩しながら、次はマッターホルンに最も近づける Schwarzsee(シュヴァルツゼー) へ。本当はヨーロッパで一番高い場所にある展望台、 Matterhorn glacier paradise(クライン・マッターホルン展望台;3883m) に行きたかったのですが、3歳未満は行けないとのことなので。

シュヴァルツゼーで、マッターホルン見ながらたまごぼうろ食べるryu。

c0120176_738718.jpg

シュヴァルツゼーはマッターホルンに最も近い展望台なので、マッターホルン登山のスタート地点になっているそうです。

そして、風が強くて、寒かった!!
マッターホルン北壁付近も風は強いのかな…?
そんなところを登れる人がいるなんて、本当に、本当にすごすぎです。

前日、ホテルで 地球の歩き方 を読んでたときに「私もいつかマッターホルン登頂してみたい!!」と無謀にも思いましたが、実物見たらそんな愚かな考えは瞬時に消え去りました(^^;

+++

スイスの登山鉄道やゴンドラやロープウェイはちょっと高い!!
まぁ、すごい場所を通るので仕方が無いとも思えるのですけどね(^^;

例えば、ゴルナーグラート鉄道のツェルマット⇔ゴルナーグラートの往復は、1人 CHF 72(約7200円)。シュヴァルツゼーまでの往復は1人 CHF 43(約4300円)。

でも!!

スイスパス などの割引券を所有していたら50%引きになります。スイスパスは普通の電車だけではなく、登山鉄道、ゴンドラ、ロープウェイ、遊覧船、電車が通っていない地域を走るPostBus にも適応でき、すぐに元は取れるので、利用し無い手はないですね!

スイス or ヨーロッパ在住者も Halbtax-Abo を提示したら割引になるので、お忘れなく!!

+++

ツェルマットだけではなく、ベルナーオーバーラントでも、ハイキングコースは「るるぶ スイス '08」の別冊、「ハイキングガイド&マップ」をとても参考にさせていただきました。

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-29 08:24 | 旅行 :: スイス | Comments(2)  

アルプス旅行 - Day 1 -

c0120176_6153158.jpg

アルプス旅行初日。

Glacier Express(氷河特急) に乗るべく、まずは Basel(バーゼル) から Zürich(チューリッヒ)経由で Chur(クール) へ。

クールでGlacier Expressに乗り換え。

Glacier Expressはスイスの四大特急の1つで、とても人気のある電車。乗車希望のちょうど3ヶ月前から駅の窓口で予約できます。今はハイシーズンの中でも特に混む時期だと思ったので、私たちも予約可能になった日の午前中にバーゼルSBB駅に行って予約しました。

c0120176_6155777.jpg

Glacier Expressは1日数便あり、便によっては席で食事を取ることができますが、そのためには予約が必要です。席の予約のときに駅の窓口で一緒にできるとラクなのですが、そうもいかず。RailGourmino で予約します。ネットで予約できますが、乗車する日時、ワゴンナンバー、座席番号などが必要なのでお手元にご用意を。

c0120176_6161971.jpg

眺めを楽しめるよう、窓はパノラマになっています。また、各座席にはイヤホンがあり、各ポイントで説明を聞けるようになっています。2008年7月現在、日本語の説明あり。

ちなみに、現在のGlacier Expressのデザインをしたのはフェラーリのデザインなどでも有名な Pininfarina だそうです。そして、車両のメインカラーとして使われているのは氷河を模した、薄い、薄いブルーとスイスレッド。

そして、Glacier Expressに揺られること約5時間半。Zermatt(ツェルマット) 到着。

着いたときは残念ながら雨で、マッターホルンは見えず。

とりあえず、翌日乗車予定のツェルマット発 Gornergrat(ゴルナーグラート) 行きの登山鉄道、 Gornergrat Bahn(ゴルナーグラート鉄道) (公式サイトは こちら)の乗車券を購入してからホテルへ。

翌日はできればゴルナーグラート鉄道の始発に乗車したいので、早々に就寝。

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-28 06:40 | 旅行 :: スイス | Comments(2)  

スイスアルプスはすごかった!!

c0120176_4102231.jpg

「スイスアルプス堪能の旅!!」から無事バーゼルに帰ってきました!

写真は Jungfraujoch Top of Europe(ユングフラウヨッホ)Sphinx(スフィンクス展望台;3571m) から。地平線がカーブしてます。

ちなみに、魚眼レンズは使っていません。今回の旅行はハイキングもするので荷物が多く、一眼レフは持っていかない方が賢明だと思い、いつも日常的に愛用している Powershot G7 にワイドコンバーター取り付けてみました。

初日:
Basel(バーゼル)Chur(クール)、クールからは Glacier Express(氷河特急) にて Zermatt(ツェルマット) へ。ツェルマット泊。

c0120176_5513598.jpg

2日目:
ツェルマットから Gornergrat Bahn(ゴルナーグラート鉄道) の始発に乗って、終点の Gornergrat(ゴルナーグラート) へ。頑張って始発で登った甲斐があり、ゆっくりと眺めを楽しめました(その次の便からは団体旅行客がいっぱい!7:10発の始発をオススメします)。ところで、展望台に着いた頃の気温は7月なのに氷点下4℃!私は半袖、長袖2枚、パーカー、そして一番上にはスキーウェアを羽織って行ってましたが、それでも寒かった!ちょっとしたら気温も上がってきましたが、寒さ対策は万全に!

ゆっくりと眺めを堪能した後、ゴルナーグラート鉄道で1駅、Rotenboden(ローテンボーデン)まで下り、そこから2駅分ハイキングをしながら下山。途中、Riffelalp(リッフェルアルプ)にあるレストランでランチを取って、またゴルナーグラート鉄道に乗ってツェルマットまで。

そして、本当は Matterhorn glacier paradise(クライン・マッターホルン展望台;3883m) に行きたかったのですが、3歳未満は行けなかったので、マッターホルンに最も近づける Schwarzsee(シュヴァルツゼー) へ。ツェルマット泊。

c0120176_5563484.jpg

3日目:
ツェルマットから Interlaken Ost(インターラーケン・オスト)Lauterbrunnen(ラウターブルンネン) 経由で Mürren(ミューレン) へ。ミューレン泊。

c0120176_616817.jpg

4日目:
ミューレンからラウターブルンネン経由で、ユングフラウ鉄道Jungfraujoch Top of Europe(ユングフラウヨッホ)へ。下山は、Eigergletscher(アイガーグレッチャー) で途中下車し、Kleine Scheidegg(クライネ・シャイデック) までハイキングをしながら下山。ミューレン泊。

c0120176_593649.jpg

5日目:
ミューレンから Schilthorn(シルトホルン) の展望台と Allemendhubel(アルメントフーベル) へ。アルメントフーベルからはハイキングをしながら下山。
インターラーケン・オストからバーゼルへ。

c0120176_6225229.jpg

バーゼルにはアルプスがないので、多くの人が思い浮かべる「スイス」とは無縁の日々を過ごしていますが、やっと、「スイスらしい景色」に出会えました。

大自然の力に圧倒され、そして、ものすごい場所に展望台や登山電車を作ったスイスの人々に驚かされた旅。

私のpoorな語彙や写真ではそのすごさを全く伝えられないので、ぜひ、足を運んでみてください!

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-27 06:40 | 旅行 :: スイス | Comments(4)  

スゴイ!スイス!

c0120176_19245647.jpg

お天気が本当に良くて、今は視界を遮る雲も無く、スイスアルプスがバッチリ!

左からアイガー、メンヒ、ユングフラウ。

こんな素晴らしい景色の中でryuは思いきり遊んでいます!

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-24 19:24 | 旅行 :: スイス | Comments(4)  

これがユングフラウだ!

c0120176_2341574.jpg

登山鉄道を乗り継ぎ、ユングフラウヨッホへ。

マッターホルンとは違った大自然が広がっています!

そして、ユングフラウヨッホ展望台の施設の充実具合に驚き~。

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-23 23:41 | 旅行 :: スイス | Comments(0)  

至近距離から。

c0120176_2083222.jpg

展望台、シュヴァルツゼーにて。ロープウェイ駅の標高は2584m。

マッターホルンに一番近づける場所なので、登山家の拠点になっているそうです。

本当はヨーロッパ最高地点の展望台、クライン・マッターホルン(ロープウェイ駅の標高は3883m)に行きたかったのですが、3才未満の子は行けないとのこと。いつかリベンジ!

これからベルナー・オーバーラント(ミューレン)に向かいます。

マッターホルン、モンテ・ローザの次はアイガー、メンヒ、ユングフラウ!

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-22 20:08 | 旅行 :: スイス | Comments(0)  

これがマッターホルンだ!

c0120176_1645225.jpg

マッターホルンと池に写り込んだ逆さマッターホルン。

いやー、なんとも言えない壮大な景色が広がっています!

そしてryuはパパの背中で朝寝中…。

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-21 16:45 | 旅行 :: スイス | Comments(6)  

ツェルマット到着!

c0120176_143186.jpg

バーゼルからチューリッヒ経由でクールに向かい、クールからは氷河特急でツェルマットに到着しました!

氷河特急に乗っている間、ryuはいろんな人に愛想振り撒いてました(^^;
その中でも氷河特急の従業員さんたちには遊んで貰い、とてもご機嫌。後半は昼寝もしてくれて助かりました。

+++

海外生活&子育て日記ランキングに参加中♪
1日1回、「封筒」と「スイス情報」をクリックしてくださいっ☆
管理人はとても、とても喜びます♪♪


 
[PR]

by eenymeeny | 2008-07-21 01:43 | 旅行 :: スイス | Comments(2)